片想い ここで Finally

SFC15 / 好きなものに片想いでは終わらせたくない

*May 9th . Monday

 

あらま、もう5月なんですって。

 

5月といえば、五月病ですね。

 

Wikipediaによると五月病って

新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、

新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称

なんですって…

 

新しい環境に適応できないことに起因する

 

新しい環境に適応できてないわけじゃないし

ていうか、環境も変わってないとなると

それは五月病でなくただの鬱なのでしょうかね。

 

なんだか思い込みで五月病って

5月はなんとなくみんな憂鬱になる月だから

そういう名前になったのかなって思ってました。

 

言葉を誤った意味で覚えていると

恥をかきますね

ひえええええ〜無知って怖い(・ω・ )!

 

無知って怖いけど、

ある意味怖いもの知らずで強いときもありますね。

 

なんていうのは去年のインタフェース設計論で

書いたレポートを思い出すと、

無知って怖いもの知らずだ!とたまに思い出すのです。

 

変に知識がないから、枠にはまらない考え方を

持つことができるからね…

 

でも知識は多いに越したことはございません(❀╹◡╹)ノ

 

 

 

そうそう、五月病で始まったから

最近なんとなくゆううーつな気分なのです。

 

あれほど学校が楽しみだったのに

行くのが億劫(というかなんなら行きたくない)で

ずっと寝ていたいって思ってしまうのです。

 

最近体調が良くないからっていうのもあるのだけれど

いかんせんやることが多くて(;▽;)

 

研究会に入ったから研究レポートを書かないといけない

中国語のテスト勉強をしないといけない

今までになく毎週出される宿題

情報基礎の予習

などなど

 

もういやだよ!!!!!!!

って思ったけれど、昨日歩きながら

今の自分の環境は自分で選んだ結果であるから

仕方ないし、自分で決めたのだからこなせるんだ

ってかなり前向きに考えてみたのです。

 

研究会に2つ入ったのも私が決めたこと

(面接終わった後も最初の授業の後も結構悩んだ)

中国語の勉強だってそんなに根気詰めなくてもいいことを

 わたしがいい成績欲しいし中国語を習得したいから頑張ろうと決めたこと

 毎週出されるのを知って履修を決めたこと

(まあこれは選抜落ちまくって取ったけど…)

教える立場にいるなら不安要素を僅かでも残したくないから

 毎回丁寧に情報基礎の予習をするって決めたこと

 

すーべて、誰かから指図されてやってるわけでなくて

わたしが好き(?)でやってることだからね〜

 

自分のキャパを理解した上で決めてますから

途中で逃げ出すことはしないのです。

 

というか本来学生というのは

このように勉強で時間が過ぎていくものでしょう

なんてね☝( ◠‿◠ )☝

 

こういうもんなんだって〜

だって金曜日は授業ないじゃん…!

 

 

自分のキャパを知って

自分がダメになりそうだったら

(周りに迷惑がかかるけれども)

逃げ出すことだって仕方ないよね。

 

そんな厚かましさを持てるようになったら

生きるのももっともっと楽になるのでしょう。

 

 

 

これって果たして日記なのか

徒然なるまま自分の頭の中で渦巻く思いたちを

言葉にしてみたのでした。

 

 

 

 

最後は五月病に合うと

ゆりっぺか七さんが言ってた

GARNET CROWのDoing all rightを残して

終わりにします。

 

GARNET CROWにしては珍しく(?)

前向きで、頑張ろうって後押ししてくれる

そんな1曲。

 

 

Doing all right

Doing all right

 

サビの後ろのドンドンパッのクラップ音が新鮮だし、

ライブで初めてのみんなで歌おうタイムで

そのときわたしは七さんチームだったし。

 

GARNET CROWの曲って本当に

1曲1曲思い出がぎっしり詰まってるなって

実感しました。

 

 

Doing all right!

通り過ぎた 戻らない時に用はない

 

って歌詞をじっくり読んでたら

本当に新しい環境にいる人向けのものでした…!

 

 

何年経っても新しい発見ができるってすてき!!!

 

 

ではでは、ここで終わりにしよう

 

 

 

おやすみなさいまし

 

 

A n n a