片想い ここで Finally

SFC15 / 好きなものに片想いでは終わらせたくない

*reality or fantasy

 

夜が深けたこの時間に

なんとなく書きたくなって更新してみる。

 

夜って感情任せになってて

朝目が覚めると「こんなこと書いてたの…」

って軽く自分が恥ずかしくなることがあるから、

いつも夜遅くにレポートとかレジュメを書いたら

ちゃんと翌朝読んで直す。

 

 

何事も早めに始めても損はないよねってことで

就活を始めることにした。

外資とか行きたい人はもう始めるみたいだけど)

 

わたしは外資とか考えてなくて、

英語大事!英語でなきゃ無理!みたいな

会社には興味がない。

 

日本人なら日本語だよ!っていう考え。

保守的な人間だから。笑

 

 

大学生になるってことは

どんどん大人に近づいてることで

(ここでの大人は社会人として定義します)

大人になるってことは

現実に向き合わずにはいられなくなるってこと

だと高校生から思ってる。

 

高校の倫理の先生(わたしは倫理受けてない)と

「夢をみるということは現実から離れること」

って話してた記憶がある。

 

だから大学生になったら夢なんて見てられなくて

夢を持つことさえもできないと思ってたから

将来に対しては漠然にしか考えられなくて

「いつか真剣に考えなきゃいけないときがくるからそのときでいいや」

と思ってたのだが、その「いつか」がとうとうやってきたのです。

 

完璧なる自分のタイミング。

 

そんなわたしに夢というか目標がたくさんできた(・ω・)ノ

 

就職関連では

丸の内で働く!!!

 

会う人会う人にわたしは

「丸の内OLになりたい〜!」って言ってる。

 

なんで丸の内なのかっていうと

丸の内が好きだから!

 

丸の内のどこが好きかっていうと

丸の内の東京感がすごいから!

(もっと賢そうな表現がしたい…)

 

わたしはこれまで、両手では数え切れないほど

新幹線に乗って東京駅で降りてきた。

 

けど、何度も見慣れてる、感じ慣れてるはずなのに

東京駅のホームに足をついた瞬間に感じる

「東京だ〜!(わくわく)」と感じる胸の高鳴りと新鮮さ

言葉にできない独特の雰囲気が毎回ある。

 

いつまでも経ってもその新鮮さが色褪せないのって

珍しいと思ってるし、

歴史的には東京の玄関口は上野駅と品川駅なのに

その歴史さえも凌駕する東京ってなんなんだろう…

 

反対に山形新幹線利用の私からしたら

上野駅なんてただの通過駅だからね。

 

上野東京間の徐々に東京に近づいてる

車窓から見える景色がもう大好き。

 

そんなこんなで東京駅(丸の内)に

魅了されたから

わたしはその大好きな土地で

仕事をしていきたい。

 

ぬかりなく

 

 

 

 

うまくまとめられない…

 

 

A n n a